日本の風習|羽子板や五月人形の意味と使い方

レディ

端午の節句のお人形

五月人形

その歴史は非常に古く、奈良時代から確認されています。五月人形は端午の節句を祝う大変重要なものです。五月人形のモデルには坂田公時や源義経など、大昔の英雄が使用されていました。

詳しく見る

お祝いにはお返しを

赤ちゃんとママ

出産祝いとは、その名の通り子供が生まれたことをお祝いするものです。しかし、祝われた側はその礼にきちんと答えなければなりません。おかえしは相手が喜ぶものを調べておきましょう。

詳しく見る

日本の風習

羽子板

羽子板は、主にお正月に見ることの多いものです。今や羽つきをする家庭は減ってしまいましたが、昔は正月の行事として必ずと言っていいほど行われていました。そもそも、羽根つきとは遊びに用いられていてはいますが、昔は立派な行事の一つだったのです。正月で行われる羽根つきは、本来無病息災を祝うための行事です。羽子板はトンボであり、羽根つきの羽根は蚊に見立てられていました。昔から病気を媒介する害虫として知られるかを食べるのはトンボであり、蚊をトンボ二匹が追い立てることで蚊を追い払い病気から身を守るための行事というのがかつての羽根つきの意味でした。なお、負けたほうが顔に墨を塗られるという罰ゲームについては、特に何も意味がなく、ただのお遊び要素だったといわれています。
羽子板のもう一つの役割りは、魔除けです。羽子板を飾ることで厄除けの効果があるとされ、正月には女性にプレゼントするという習慣も生まれています。そのため、江戸時代には有名な役者が描かれた羽子板が好評を博し、さらには豪華に装飾された羽子板も多く出まわるようになりました。そのためか、江戸時代後期には飾りようの羽子板が主流であり、雅なものが多いです。現在でも、そのような飾り立てられた羽子板は販売されています。日本人形など日本のお祭りに使うものを扱っているお店では飾りようの羽子板が販売されており、非常に雅な作りとなっています。中にはスタンド付きのものもあり、居間に飾ると部屋の雰囲気がぐっと引き締まります。近くにお店がない時は、通販でも販売されているので見てみましょう。

新しい門出を祝うために

男の子

子供が小学生になったのなら、ランドセルを贈りましょう。特に牛革のものは非常に頑丈であり、6年間ずっと使い続けることができます。そして、通販で買う際には安いものを選ぶのは避けておきましょう。

詳しく見る